地球の実行と自転などについて勉強していた

地球について研究しました。地球の実践は、他の天体の見かけの機動から分かることができます。恒星や日の見かけの動きには、約毎日を度合とやる太陽周実践と、約1年代を度合とやる年代周実践とがあります。恒星は、23間56食い分04秒の度合で太陽周実践を行なう。これは地球の自転によるもので、こういう度合を1恒星太陽といいます。すなわち、1恒星太陽が地球の自転度合だ。恒星は東から西へ回転しています。北半球で観測始めるシチュエーション、恒星のサイクルの主要が天の北極だ。地球の自転を実験みたいに確認したのはフランスのフーコーでした。1851年代、フーコーは長さ約67mの針金の先に約28kgのおもりを擦り込みた振り子を振らせ、振り子のバイブレーション要素が間とともに目覚まし周囲に回転することを映し出しました。こういうバイブレーション要素のサイクルは、地球の自転の確約と考えることができます。このようなことを覚えましたが、知らないこともあったので知れて良かったなと思いましたし、勉強になりました。