海外の友人が給食が羨ましいと嘆いていました

海外に住んでいる友人が日本の学校給食のことを羨ましいといいます。
友人は子供には栄養のあるものを食べさせたいと思っているので、毎回作るとなると時間がかかるそうです。

外国の人は、子供のランチにピーナッツバターのサンドイッチや、チーズとハムのサンドなど、毎回、たいしておいしくも栄養もなさそうなものを入れてくる人が多いそうです。
それはそれで問題ですが、弁当作りに時間がかからないのはいいところということでしょうか。

作るのは面倒だけど、でもやっぱり、子供の健康を考えるとジャムサンドイッチで毎回済ますわけにもいかないということで、友人は毎日、栄養のあるランチを作っているそうです。
給食のことを話すと羨ましそうにしています。

私は給食にはいい思いしかしていません。
自分が給食を食べていた時も温かくておいしいものを食べていたので、思い出の中でも給食の存在はありがたいです。

一方、給食がまずい地域というのもあるらしいですね。
給食が冷めていたり、なんといってもおいしくないんだそうです。

美味しくて栄養がある給食を日本中の子供が食べられたら理想ですね。キャッシング 金利安い 即日