ゲームボーイ世代が考える技術革新とポケモンGO

最近は漢字を「書く」のではなく「打つ」時代。万年筆からパソコンのキーボードに乗り換えて・・・とキーボードは「打つ」といってもまだボタンの集合体だから理解できたけど、2007年のi-phone(アイフォーン)登場以降はスマートフォンが急速に普及して、画面を「打つ」?「タップ」して入力することが当たり前になりました。2010年に生まれた子供は、今6歳くらいでしょうが、そうした子供たちは字を書くよりも先にスマホでひらがなを覚えたなんて話もあるようで、それに対して良い悪いはいえないですけど、技術革新のスピード感とそれに柔軟に対応できちゃう次世代に乾杯&完敗ってところですかね。そういえば、自分は1989年(平成元年)生まれなんですけど、小学校入学と同時にゲームボーイが発売されてポケモンに夢中だったなーと。当時はもちろん画面はカラーじゃなくて白黒ですよ。近所のお金持ちの友達がいち早く買ったゲームボーイカラーを見たときの衝撃、忘れられません!今やスマホでポケモンGOですもんねぇ。脱毛ラボ 料金 コース

無駄口で待ち時間が長くなるし、診療費も無用

病棟で診察をもらい、その後の物腰について2通りに分かれますね。何もなかったらもう来なくていいですよっていう店舗と、ことごとく後者、結果がどうしてであれ、来なさいって店舗と。後は財流儀だとあたいは思っているんです。前者はそうでないし、潔癖で、むかえる病人がいるんだから多少なりともグングン捌いて個人を待たせないように考えているすばらしい医者。大抵は前者ですよね。例えば、流感で病棟へ行って、いよいよ治ったらいく無用のに1週次来てとか、表皮科でも後者来なさいと。治ったら自分の判断で行かなくたっていいのにと思います。無駄な見立て費ですよ。確かに必要な場合もありますが、体外は一回でも数多く黒字を得たいんでしょう。私の一心に出向く病棟は潔癖でそういった無駄口はしないですね。随分のことがない以上教員とは対面しないですね。行ってもヘルパーの個人に殺菌してもらうだけとか。そうでないと、めいめいと教員が合ってたら、待ち時間が長くなりますよ。実にこのクランケのことを考えている教員いないですよ。ちなみに私の行っているその病棟は人気があって遠くからでも病人来てますね。名医は違うよ、やることが。ミュゼ 背中脱毛